FC2ブログ
久我山鍼灸院in杉並~腰痛 肩こり 膝痛 坐骨神経痛 生理痛 前立腺肥大~
東京都 杉並区 久我山駅南口から徒歩3分の閑静な住宅街にある、隠れ家的な鍼灸治療院です。
プロフィール

久我山鍼灸院 院長

Author:久我山鍼灸院 院長
(社)日本鍼灸師会会員
福井県福井市出身。
法政大学経済学部卒業後、
前田建設工業㈱に入社。
20代半ばに健康を損ね、
西式健康法を学んだことが
きっかけとなり
東洋医学の道に進むようになる。
その後東京都杉並区久我山にて
鍼灸院開業を果たす。
施術経験人数は延べ5万人以上。
その豊富な施術経験を買われ
現在飯田橋にある
こころとからだの元気プラザ
鍼灸部門においても治療をおこなっている。
プロフィール詳細はコチラ

治療院のご案内

【TEL】
03-3334-9297

※移転のお知らせ



カテゴリー



最近の記事



★ブログランキング★

FC2Blog Ranking






相互リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「つやがあって若々しい肌」と清水飲用©久我山鍼灸院
先日あるある大事典Ⅱで肌に関することが取り上げられていたので、
肌について東洋医学の観点から述べていきたいと思います。

昔から健康的でつやがあって若々しく、美しい肌のことを
「瑞々(みずみず)しい肌」と表現してきました。

瑞々しい肌とは、乾燥してカサカサした肌とは反対に、
適度に水分を含んでシットリして、触れると気持ちのよい肌の
ことを言います。
ベトベトしてあまり気持ちのよくない肌は、水分を含みすぎている
肌で、水分の取り方に工夫が必要です。
一日の水分の量・飲み方が非常に重要になってきます。

西式健康法の創始者、西勝造先生は以下のように指導され、
成果をあげておられました。

清水引用法の効能・方法(『西医学健康原理実践宝典』西勝造著)
「水の効用は血液の循環、リンパ液の活動、体温の調節、
生理的ブドウ糖の発生、細胞の新陳代謝、毛細管作用の促進、
内臓の洗滌、中毒の解消、便秘の予防、グアニヂン発生防止、
下痢の治療、嘔吐の治療、カルシウムの供給、体臭の消散、
皮膚光沢の改善、酒毒の予防、潰瘍の防止、癇癪の治療、
発汗の処置などなど、その効能は無限である。」

「一般には、朝起きて洗面の時にコップ1、2杯、それから午前中に
概ね1分1g主義、すなわち30分おきに30gずつ飲み、昼食時にまた
コップ1,2杯、午後また30分おきに30g、夕食時にコップ1,2杯、
夕食後就寝まで30分おきに30gとするがよろしい。これを計算すると、
毎朝6時に起き、毎晩10時に寝るものとすると、約1200gの清水を
飲むことになる。」

以上、清水の効能と1日に飲む量と飲み方について述べましたが、
ここで更に重要なことは、一人一人体の状態が異なりますので、
東洋医学の診察(特に腎臓、膀胱に関して)・指導を受けた上で
飲用されることをお薦め致します。

※2008年1月に吉祥寺に移転しました。
  移転先はこちら→http://acumoclinic.blog28.fc2.com



★ブログランキング参加中★
   ↓   ↓

FC2ブログランキング  




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kugayamaharikyu.blog57.fc2.com/tb.php/16-4b3335c7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。